最新情報を読み込み中...

高橋英夫 (評論家)さんは生きてたら今何歳?

高橋英夫 (評論家)
さんは

Portal.svg

2021年04月11日現在
ご存命ならば

90
11ヶ月です!

生後

33,219
経過

没後

2
1ヶ月

享年

88
9ヶ月

生年月日

(1930年04月30日)は


曜日

没年月日

(2019年02月13日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

高橋 英夫
(たかはし ひでお)
誕生 1930年4月30日
東京府北豊島郡滝野川町田端
死没 (2019-02-13) 2019年2月13日(88歳没)
職業 ドイツ文学者
翻訳家
文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京大学文学部独文学科卒業
活動期間 1955年 - 2019年
ジャンル 文芸評論
代表作 著作
『批評の精神』(1970年)
志賀直哉』(1981年)
『偉大なる暗闇 師岩本禎と弟子たち』(1984年)
『疾走するモーツァルト』(1987年)
『時空蒼茫』(2005年)
翻訳
『ホモ・ルーデンス』(1963年)
『影のない女』(1967年)
主な受賞歴 亀井勝一郎賞(1970年)
日本翻訳文化賞(1972年)
芸術選奨文部大臣賞(1975年)
読売文学賞(1982年)
平林たい子文学賞(1984年)
日本芸術院賞(1997年)
旭日中綬章(2005年)
藤村記念歴程賞(2006年)
やまなし文学賞(2008年)
伊藤整文学賞(2010年)
デビュー作 著作折口学の発想序説」(1968年)
翻訳リルケ詩集』
(1955年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
高橋英夫 (評論家)」を
Wikipediaで調べる

「高橋英夫 (評論家)」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)