最新情報を読み込み中...

阿川弘之さんは生きてたら今何歳?

阿川弘之
さんは

日本の旗

2021年04月13日現在
ご存命ならば

100
3ヶ月です!

生後

36,635
経過

没後

5
8ヶ月

享年

94
7ヶ月

生年月日

(1920年12月24日)は


曜日

没年月日

(2015年08月03日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

阿川 弘之
(あがわ ひろゆき)
誕生 (1920-12-24) 1920年12月24日
日本の旗 日本広島県広島市
死没 (2015-08-03) 2015年8月3日(94歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 東京帝国大学国文科
活動期間 1952年 - 2013年
ジャンル 小説
随筆
文学活動 第三の新人
代表作 『春の城』(1952年)
雲の墓標』(1956年)
『山本五十六』(1965年)
『暗い波濤』(1974年)
『井上成美』(1986年)
『志賀直哉』(1994年,評伝)
主な受賞歴 読売文学賞(1953年・2002年)
新潮社文学賞(1966年)
日本芸術院賞恩賜賞(1979年)
日本文学大賞(1987年)
野間文芸賞(1994年)
毎日出版文化賞(1994年)
文化勲章(1999年)
菊池寛賞(2007年)
デビュー作 『春の城』(1952年)
子供 阿川尚之(長男)
阿川佐和子(長女)
親族 阿川甲一(父)
増田清(義父)
Portal.svg ウィキポータル 文学
阿川弘之」を
Wikipediaで調べる

「阿川弘之」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)