最新情報を読み込み中...

谷崎潤一郎さんは生きてたら今何歳?

谷崎潤一郎
さんは

Junichiro Tanizaki 01.jpg

2020年12月04日現在
ご存命ならば

134
4ヶ月です!

生後

49,076
経過

没後

55
4ヶ月

享年

79
0ヶ月

生年月日

(1886年07月24日)は


曜日

没年月日

(1965年07月30日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

谷崎 潤一郎
(たにざき じゅんいちろう)
Junichiro Tanizaki 01.jpg
1951年に撮影
誕生 1886年7月24日
日本の旗 日本東京市日本橋区蛎殻町二丁目14番地
(現・東京都中央区日本橋人形町一丁目7番10号)
死没 (1965-07-30) 1965年7月30日(79歳没)
日本の旗 日本神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜字蓬ヶ平
墓地 日本の旗 日本京都市左京区鹿ヶ谷法然院
東京都豊島区染井墓地慈眼寺に分骨
職業 小説家劇作家随筆家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 旧制一高英法科卒業
東京帝国大学国文科中退
活動期間 1910年 - 1965年
ジャンル 小説戯曲随筆翻訳和歌
主題 女体美の探究、マゾヒズム
江戸の絢爛、悪魔的心理
デカダンスフェティシズム
モダニズム、異国趣味
エロス曼荼羅
日本伝統美、恋い
風俗絵巻老人
文学活動 耽美派悪魔主義古典回帰
代表作刺青』(1910年)
痴人の愛』(1924年-1925年)
(まんじ)』(1928年-1930年)
蓼喰ふ虫』(1928年-1929年)『春琴抄』(1933年)
陰翳禮讚』(随筆、1933年-1934年)
細雪』(1944年-1948年)
少将滋幹の母』(1949年-1950年)
』(1956年)
瘋癲老人日記』(1961年-1962年)
主な受賞歴 国民文芸賞(1923年)
毎日出版文化賞(1947年)
朝日文化賞(1948年度)
文化勲章(1949年)
毎日芸術大賞(1962年度)
デビュー作 『誕生』(戯曲、1910年)
『刺青』(1910年)
配偶者 石川千代子(1915年-1930年)
古川丁未子(1931年-1934年)
森田松子(1935年-)
子供 鮎子(長女)
百百子、竹田長男、有多子、(孫)
恵美子(次女。松子の長女)
親族 倉五郎(父)、関(母)
精二、得三、終平(弟)
園、伊勢、末(妹)
久右衛門(祖父)
Portal.svg ウィキポータル 文学
谷崎潤一郎」を
Wikipediaで調べる

「谷崎潤一郎」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)