最新情報を読み込み中...

石牟礼道子さんは生きてたら今何歳?
Warning: getimagesize(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/42/Michiko_Ishimure.jpg/220px-Michiko_Ishimure.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden. Please comply with the User-Agent policy: https://meta.wikimedia.org/wiki/User-Agent_policy in /home/users/2/0903/web/how-old/inc/head.inc on line 73

石牟礼道子
さんは

2024年06月26日現在
ご存命ならば

97
3ヶ月です!

生後

35,537
経過

没後

6
4ヶ月

享年

90
11ヶ月

生年月日

(1927年03月11日)は


曜日

没年月日

(2018年02月10日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

石牟礼道子いしむれみちこ
朝日新聞社『朝日ジャーナル』第9巻54号(1967)より
誕生 吉田道子
(1927-03-11) 1927年3月11日
日本の旗 日本熊本県天草郡河浦町
(現・天草市
死没 (2018-02-10) 2018年2月10日(90歳没)
日本の旗 日本・熊本県熊本市
職業 小説家詩人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 水俣実務学校(現 熊本県立水俣高等学校)卒業
活動期間 1969年 - 2018年
ジャンル 小説
主題 水俣病
日本の近代
代表作苦海浄土』(1969年)
『天の魚』(1974年)
『椿の海の記』(1976年)
『西南役伝説』(1980年)
『十六夜橋』(1992年)
『はにかみの国』(2002年)
『祖さまの草の邑』(2014年)
主な受賞歴 マグサイサイ賞(1973年)
紫式部文学賞(1993年)
朝日賞(2002年)
芸術選奨(2003年)
現代詩花椿賞(2014年)
デビュー作苦海浄土』(1969年)
ウィキポータル 文学
石牟礼道子」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)