最新情報を読み込み中...

清元志寿太夫さんは生きてたら今何歳?

清元志寿太夫
さんは

日本の旗

2021年04月11日現在
ご存命ならば

122
11ヶ月です!

生後

44,911
経過

没後

22
3ヶ月

享年

100
8ヶ月

生年月日

(1898年04月25日)は


曜日

没年月日

(1999年01月02日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

きよもと しずだゆう
清元 志壽太夫
本名 柿澤竹蔵
別名義 都夢中(一中節)
生年月日 (1898-04-25) 1898年4月25日
没年月日 (1999-01-02) 1999年1月2日(100歳没)
出生地 日本の旗 神奈川県横浜市山下町
死没地 日本の旗 東京都
職業 江戸浄瑠璃清元節
活動期間 1913年 -1998年
活動内容 江戸浄瑠璃清元節浄瑠璃
著名な家族 妻・清元延香
息子・清元榮三郎重要無形文化財保持者、人間国宝。父子二代は初。)
清元小志壽太夫
清元志佐雄太夫
清元志壽朗
孫・清元志壽子太夫
清元志壽雄太夫、
清元延知壽
曾孫・清元延綾
清元一太夫
公式サイト
主な作品
「忍逢春雪解」
隅田川
「色彩間苅豆 かさね
「豊後道成寺」(三世今藤長十郎作曲)
「六歌仙色彩 文屋 喜撰
道行初音旅 吉野山
「道行旅路花聟 落人
「保名」
道行故郷の春雨 梅川忠兵衛
「其小唄夢廓 権上」
神田祭
申酉 お祭り
四君子
「花がたみ」」
青海波
「長生」
浮かれ坊主
「北州千歳壽」
「梅の春」
「雁金」
「吉田屋」
「四季三番草」
「お染」
「旅奴」
「明烏花濡衣」
「十六夜清心」
「弥生の花浅草祭 三社祭
「六玉川」
受賞
1961年・『高尾ざんげ』の演奏と多年にわたる古典の復活発表に対し芸術選奨文部大臣賞
1968年・日本芸術院賞
1969年、勲三等瑞宝章受章(没後正四位勲二等瑞宝章を追綬
1978年・日本芸術院会員就任
1981年NHK放送文化賞を受賞
1982年・文化功労者。
備考
1956年重要無形文化財保持者(人間国宝)に各個認定。
清元志寿太夫」を
Wikipediaで調べる

「清元志寿太夫」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)