江藤淳
さんは

Eto Jun.jpg

2019年04月19日現在
ご存命ならば

86
3ヶ月です!

生後

31,526
経過

没後

19
8ヶ月

享年

66
6ヶ月

生年月日

(1932年12月25日)は


曜日

没年月日

(1999年07月21日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

江藤 淳
(えとう じゅん)
Eto Jun.jpg
日本出版販売『新刊展望』6月15日号(1965)より
ペンネーム 江藤 淳(えとう じゅん)
誕生 江頭 淳夫(えがしら あつお)
1932年12月25日
東京府豊多摩郡
死没 (1999-07-21) 1999年7月21日(66歳没)
神奈川県鎌倉市
墓地 青山霊園
職業 文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 博士文学
最終学歴 慶應義塾大学文学部英文学科卒業
活動期間 1956年 - 1999年
ジャンル 文芸評論
主題 日本の近代・近代文学
代表作 『奴隷の思想を排す』(1958年)
『小林秀雄』(1961年)
『成熟と喪失』(1967年)
海は甦える』(1976年)
『漱石とその時代』(1970年 - 1999年、未完)
主な受賞歴 新潮社文学賞(1962年)
菊池寛賞(1970年)
野間文芸賞(1970年)
日本芸術院賞(1976年)
正論大賞(1997年)
デビュー作 『夏目漱石』(1956年)
配偶者 三浦慶子(1957年 - 1998年死別)
子供 なし
Portal.svg ウィキポータル 文学
江藤淳」を
Wikipediaで調べる

「江藤淳」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(お気軽に一言どうぞ / 200字まで)