最新情報を読み込み中...

永井龍男さんは生きてたら今何歳?

永井龍男
さんは

Nagai Tatsuo.JPG

2021年04月19日現在
ご存命ならば

116
10ヶ月です!

生後

42,703
経過

没後

30
6ヶ月

享年

86
4ヶ月

生年月日

(1904年05月20日)は


曜日

没年月日

(1990年10月12日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

永井 龍男
(ながい たつお)
Nagai Tatsuo.JPG
1955年
誕生 1904年5月20日
東京市神田区猿楽町
死没 (1990-10-12) 1990年10月12日(86歳没)
神奈川県横浜市栄区桂町
墓地 済海寺
職業 小説家随筆家編集者
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1920年 - 1990年
ジャンル 小説随筆俳句
代表作 『朝霧』(1949年)
『一個 その他』(1965年)
『青梅雨 その他』(1966年)
『石版東京図絵』(1967年)
『わが切抜帖より』(1968年)
『コチャバンバ行き』(1972年)
主な受賞歴 横光利一賞(1949年)
野間文芸賞(1965年)
日本芸術院賞(1966年)
読売文学賞(1969年・1973年)
菊池寛賞(1972年)
文化功労者(1973年)
川端康成文学賞(1975年)
文化勲章(1981年)
デビュー作 『活版屋の話』(1920年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
永井龍男」を
Wikipediaで調べる

「永井龍男」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)