最新情報を読み込み中...

永井荷風さんは生きてたら今何歳?

永井荷風
さんは

2024年06月22日現在
ご存命ならば

144
6ヶ月です!

生後

52,797
経過

没後

65
1ヶ月

享年

79
4ヶ月

生年月日

(1879年12月03日)は


曜日

没年月日

(1959年04月30日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

永井ながい 荷風かふう
戦後の荷風(1954年撮影)
誕生 永井 壯吉(ながい そうきち)
1879年12月3日
東京府東京市小石川区(現在の東京都文京区
死没 (1959-04-30) 1959年4月30日(79歳没)
千葉県市川市
墓地 雑司ヶ谷霊園
職業 小説家翻訳家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 高等商業学校附属外国語学校清語科中退
活動期間 1900年 - 1959年
ジャンル 小説翻訳随筆日記
主題 反骨、フランス文学、江戸情緒、戯作、遊蕩
文学活動 耽美派
代表作あめりか物語』(1908年)
ふらんす物語』(1909年)
『珊瑚集』(1913年、訳詩集)
腕くらべ』(1918年)
『おかめ笹』(1920年)
つゆのあとさき』(1931年)
濹東綺譚』(1937年)
断腸亭日乗』(1917年 - 1959年、日記)
主な受賞歴 文化勲章(1952年)
デビュー作 『おぼろ夜』(1900年)
親族 永井匡威(祖父)
鷲津毅堂(祖父)
永井久一郎(父)
永井松右衛門(叔父)
阪本釤之助(叔父)
大島久満次(叔父)
鷲津貞二郎(弟)
永井松三(従兄)
阪本瑞男(従弟)
阪本越郎(従弟)
高見順(従弟)
坂本鹿名夫(従弟)
永井永光(養子)
ウィキポータル 文学
永井荷風」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)