最新情報を読み込み中...

武田麟太郎さんは生きてたら今何歳?
Warning: getimagesize(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/ab/Takeda_Rintaro.JPG/250px-Takeda_Rintaro.JPG): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden. Please comply with the User-Agent policy: https://meta.wikimedia.org/wiki/User-Agent_policy in /home/users/2/0903/web/how-old/inc/head.inc on line 73

武田麟太郎
さんは

2024年06月16日現在
ご存命ならば

120
1ヶ月です!

生後

43,868
経過

没後

78
2ヶ月

享年

41
10ヶ月

生年月日

(1904年05月09日)は


曜日

没年月日

(1946年03月31日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

武田 麟太郎
(たけだ りんたろう)
誕生 武田 麟太郎(たけだ りんたろう)
1904年 5月9日
大日本帝国の旗 大日本帝国大阪府大阪市南区日本橋筋東1丁目(現・浪速区日本橋東1丁目)
死没 (1946-03-31) 1946年3月31日(41歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国神奈川県藤沢市片瀬西浜
墓地 あきる野市の西多磨霊園
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 第三高等学校(現・京都大学 総合人間学部)文科甲類卒業
東京帝国大学文学部仏文科
代表作 『日本三文オペラ』(1932年)
『市井事』(1933年)
『銀座八丁』(1934年)
『一の酉』(1935年)
『井原西鶴』(1936年)
配偶者 留女
子供 文章(長男)、穎介(次男)
親族 左二郎(父)、すみゑ(母)
ウィキポータル 文学
武田麟太郎」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)