最新情報を読み込み中...

檀一雄さんは生きてたら今何歳?

檀一雄
さんは

2024年06月20日現在
ご存命ならば

112
4ヶ月です!

生後

41,046
経過

没後

48
5ヶ月

享年

63
10ヶ月

生年月日

(1912年02月03日)は


曜日

没年月日

(1976年01月02日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

檀 一雄
(だん かずお)
1955年
誕生 (1912-02-03) 1912年2月3日
山梨県南都留郡谷村町
(現・都留市
死没 (1976-01-02) 1976年1月2日(63歳没)
福岡県福岡市東区
九州大学病院
墓地 福岡県柳川市福厳寺
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京帝国大学経済学部
活動期間 1935年 - 1976年
主題 放浪
古典や説話のオマージュ
人間の宿痾
料理
文学活動 無頼派新戯作派
代表作 『リツ子・その愛』(1950年)
『リツ子・その死』(1950年)
『長恨歌』(1951年)
『真説石川五右衛門』(1951年)
火宅の人』(1961年 - 1975年)
主な受賞歴 野間文芸奨励賞(1944年)
直木三十五賞(1951年)
読売文学賞(1976年)
日本文学大賞(1976年)
デビュー作 「此家の性格」
配偶者 高橋律子(1941年 - 1946年)
山田ヨソ子(1946年 -1976年)
子供 檀太郎(長男)
次郎(次男)
小弥太(三男)
檀ふみ(長女)
さと(次女)
親族 高岩淡(異父弟)
笠耐(異父妹)
檀一平太(孫)
ウィキポータル 文学
檀一雄」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)