最新情報を読み込み中...

森鷗外さんは生きてたら今何歳?

森鷗外
さんは

2024年06月23日現在
ご存命ならば

162
4ヶ月です!

生後

59,296
経過

没後

101
11ヶ月

享年

60
4ヶ月

生年月日

(1862年02月17日)は


曜日

没年月日

(1922年07月09日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

もり 鷗外おうがい
54歳の森鷗外(1916年)
誕生 森 林太郎(もり りんたろう)
(1862-02-17) 1862年2月17日
石見国津和野町田村(現在の島根県鹿足郡津和野町町田)
死没 (1922-07-09) 1922年7月9日(60歳没)
東京府(現・東京都
墓地 禅林寺
職業 小説家評論家翻訳家陸軍軍医官僚教育者
言語 日本語
国籍 日本における郵船商船規則の旗 日本
教育 医学博士文学博士
最終学歴 東京大学医学部
活動期間 1889年 - 1922年
ジャンル 小説翻訳、史伝
主題 近代知識人の苦悩
文学活動 反自然主義、高踏派
代表作舞姫』(1890年)
うたかたの記』(1890年)
ヰタ・セクスアリス』(1909年)
青年』(1910年)
』(1911年)
阿部一族』(1913年)
山椒大夫』(1915年)
最後の一句』(1915年)
高瀬舟』(1916年)
渋江抽斎』(1916年)
主な受賞歴 勲一等旭日大綬章(1915年)
従二位(1922年、没時叙位)
デビュー作於母影』(1889年)
配偶者 登志子(1889年 - 1890年)
志げ(1902年 - 1922年)
子供 於菟(長男)
茉莉(長女)
杏奴(次女)
不律(二男)
(三男)
ウィキポータル 文学
森鷗外」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)