最新情報を読み込み中...

梶井基次郎さんは生きてたら今何歳?
Warning: getimagesize(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/25/Motojir%C5%8D_Kajii%2C_January_1931.jpg/250px-Motojir%C5%8D_Kajii%2C_January_1931.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden. Please comply with the User-Agent policy: https://meta.wikimedia.org/wiki/User-Agent_policy in /home/users/2/0903/web/how-old/inc/head.inc on line 73

梶井基次郎
さんは

2024年06月26日現在
ご存命ならば

123
4ヶ月です!

生後

45,055
経過

没後

92
3ヶ月

享年

31
1ヶ月

生年月日

(1901年02月17日)は


曜日

没年月日

(1932年03月24日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

梶井 基次郎
(かじい もとじろう)
1931年1月2日、29歳の梶井基次郎
兵庫県川辺郡稲野村大字千僧の庭先にて。兄・謙一撮影)
誕生 梶井 基次郎(かじい もとじろう)
1901年2月17日
日本の旗 日本大阪府大阪市西区土佐堀通5丁目34番地屋敷(現・土佐堀3丁目3番地)
死没 (1932-03-24) 1932年3月24日(31歳没)
日本の旗 日本・大阪府大阪市住吉区王子町2丁目13番地(現・阿倍野区王子町2丁目17番29号)
墓地 大阪市南区中寺町(現・中央区中寺)2丁目の常国寺
職業 小説家詩人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 第三高等学校(現・京都大学 総合人間学部)理科甲類卒業
東京帝国大学文学部英文科中退
活動期間 1923年 - 1932年
ジャンル 私小説・心境小説・散文詩短編
主題 孤独感・寂寥感
清澄なニヒリズム・心の彷徨
秘かな
文学活動 新興芸術派の傍流
代表作檸檬』(1925年)
城のある町にて』(1925年)
冬の日』(1927年)
冬の蠅』(1928年)
櫻の樹の下には』(1928年)
闇の絵巻』(1930年)
のんきな患者』(1932年)
デビュー作 『奎吉』(1923年)
『檸檬』(1925年)
配偶者 無し
子供 無し
親族 宗太郎(父)、ヒサ(母)
秀吉(祖父)、スヱ(祖母)
冨士(姉)、謙一(兄)
芳雄、勇、良吉(弟)
網干順三(異母弟)
八重子(異母妹)
誠、功、清(甥)
宮田寿子(姪)、尚(甥)
網干善教(甥)
ウィキポータル 文学
梶井基次郎」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)