最新情報を読み込み中...

有島武郎さんは生きてたら今何歳?

有島武郎
さんは

2024年06月26日現在
ご存命ならば

146
3ヶ月です!

生後

53,440
経過

没後

101
0ヶ月

享年

45
3ヶ月

生年月日

(1878年03月04日)は


曜日

没年月日

(1923年06月09日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

有島 武郎ありしま たけお
誕生 1878年3月4日
日本の旗 日本東京府小石川
(現:東京都文京区
死没 (1923-06-09) 1923年6月9日(45歳没)
日本の旗 日本長野県北佐久郡軽井沢町
墓地 多磨霊園
職業 小説家
評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 札幌農学校
(現:北海道大学農学部
ジャンル 小説
評論
主題 キリスト教人道主義
文学活動 白樺派
代表作お末の死』(1914年)
カインの末裔』(1917年)
小さき者へ』(1918年)
生れ出づる悩み』(1918年)
或る女』(1919年)
惜しみなく愛は奪ふ』(1920年、評論)
一房の葡萄』(1920年)
デビュー作 『かんかん虫』(1910年)
配偶者 神尾安子
パートナー 波多野秋子
子供 森雅之(長男)
親族 有島武(実父)
神尾光臣(義父)
有島生馬(実弟)
里見弴(実弟)
山本直良(義弟)
中島葵(孫)
有島重武(甥)
山本直純(姪孫)
ウィキポータル 文学
有島武郎」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)