最新情報を読み込み中...

志賀直哉さんは生きてたら今何歳?

志賀直哉
さんは

Shiga Naoya 1938.jpg

2021年04月14日現在
ご存命ならば

138
1ヶ月です!

生後

50,457
経過

没後

49
5ヶ月

享年

88
7ヶ月

生年月日

(1883年02月20日)は


曜日

没年月日

(1971年10月21日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

志賀 直哉
(しが なおや)
Shiga Naoya 1938.jpg
諏訪町の自宅にて(1938年)
誕生 1883年2月20日
日本の旗 日本宮城県牡鹿郡石巻町
(現・石巻市住吉町)
死没 (1971-10-21) 1971年10月21日(88歳没)
日本の旗 日本東京都世田谷区上用賀
関東中央病院
墓地 日本の旗 日本・東京都港区南青山
青山霊園
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 学習院高等科卒業
東京帝国大学国文科中退
活動期間 1908年 - 1971年
ジャンル 小説
主題 父との不和と和解
自我の形成
文学活動 白樺派
私小説
心境小説
代表作 「網走まで」(1910年)
「大津順吉」(1912年)
清兵衛と瓢箪」(1913年)
城の崎にて」(1917年)
赤西蠣太」(1917年)
和解」(1917年)
小僧の神様」(1920年)
暗夜行路」(1921–37年)
灰色の月」(1946年)
主な受賞歴 文化勲章(1949年)
デビュー作 「網走まで」(1910年)
「或る朝」(1918年)
「菜の花と小娘」(1920年)
配偶者 志賀康子
子供 志賀慧子、土川留女子、志賀直康、中江寿々子、柳万亀子、志賀直吉、山田田鶴子、安場貴美子
Portal.svg ウィキポータル 文学
志賀直哉」を
Wikipediaで調べる

「志賀直哉」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)