最新情報を読み込み中...

徳富蘇峰さんは生きてたら今何歳?

徳富蘇峰
さんは

Soho Tokutomi 1 cropped.jpg

2021年04月13日現在
ご存命ならば

158
2ヶ月です!

生後

57,787
経過

没後

63
5ヶ月

享年

94
9ヶ月

生年月日

(1863年01月25日)は


曜日

没年月日

(1957年11月02日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

徳富 蘇峰
Soho Tokutomi 1 cropped.jpg
『蘇峰自伝』掲載の写真(1935年)
ペンネーム 菅原 正敬
大江 逸
大江 逸郎
山王草主人
頑蘇老人
蘇峰学人
誕生 徳富 猪一郎
1863年3月14日
文久3年1月25日
日本の旗 肥後国上益城郡杉堂村(現熊本県上益城郡益城町
死没 (1957-11-02) 1957年11月2日(94歳没)
日本の旗 静岡県熱海市
墓地 多磨霊園
職業 ジャーナリスト
歴史家
評論家
政治家貴族院議員
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 同志社英学校中退
活動期間 1885年 - 1957年
文学活動 時事評論
伝記執筆
歴史研究
代表作 『将来之日本』(1886年
『大日本膨脹論』(1894年
『時務一家言』(1913年
『勝利者の悲哀』(1952年
近世日本国民史』(1918年 - 1952年
主な受賞歴 恩賜賞1923年
文化勲章1943年
デビュー作 『第19世紀日本の青年及其教育』(1885年)
配偶者 徳富静子
子供 徳富太多雄(長男)
親族 徳富一敬(父)
徳富久子(母)
阿部賢一(三女の夫)
徳富敬太郎(孫)
浜田義文(孫の夫)
竹崎順子(伯母)
横井津世子(叔母)
横井小楠(義叔父)
矢嶋楫子(叔母)
湯浅初子(姉)
徳冨蘆花(弟)
湯浅治郎(義兄)
藤島正健(従兄)
横井時雄(従兄)
海老名みや(従姉)
海老名弾正(義従兄)
久布白落実(姪)
湯浅八郎(甥)
Portal.svg ウィキポータル 文学
徳富蘇峰」を
Wikipediaで調べる

「徳富蘇峰」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)