最新情報を読み込み中...

広津和郎さんは生きてたら今何歳?

広津和郎
さんは

2024年06月16日現在
ご存命ならば

132
6ヶ月です!

生後

48,406
経過

没後

55
8ヶ月

享年

76
9ヶ月

生年月日

(1891年12月05日)は


曜日

没年月日

(1968年09月21日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

広津 和郎
ひろつ かずお
『昭和文学全集 第48巻』角川書店、1954年。
誕生 (1891-12-05) 1891年12月5日
日本の旗 日本 東京府東京市牛込区矢来町
死没 (1968-09-21) 1968年9月21日(76歳没)
日本の旗 日本 静岡県熱海市
墓地 日本の旗 日本谷中霊園
職業 小説家文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 早稲田大学英文科
ジャンル 小説文芸評論
文学活動 私小説・奇蹟派(新早稲田派)
代表作 『神経病時代』(1917年)
『二人の不幸者』(1918年)
『死児を抱いて』(1919年)
『風雨強かるべし』(1933年)
『松川事件と裁判』(1964年、ノンフィクション)
主な受賞歴 野間文芸賞(1963年)
毎日出版文化賞(1963年)
親族 父・広津柳浪小説家
長女・広津桃子小説家随筆家
ウィキポータル 文学
広津和郎」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)