最新情報を読み込み中...

川端康成さんは生きてたら今何歳?

川端康成
さんは

Yasunari Kawabata 1938.jpg

2021年04月22日現在
ご存命ならば

121
10ヶ月です!

生後

44,507
経過

没後

49
0ヶ月

享年

72
10ヶ月

生年月日

(1899年06月14日)は


曜日

没年月日

(1972年04月16日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

川端 康成かわばた やすなり
Yasunari Kawabata 1938.jpg
1938年(39歳頃)、鎌倉二階堂の自宅窓辺で
誕生 1899年6月14日
日本の旗 日本大阪府大阪市北区此花町1丁目79番屋敷(現・大阪市北区天神橋1丁目16-12)
育ちは大阪府三島郡豊川村大字宿久庄小字東村11番屋敷(現・茨木市宿久庄1丁目11-25)
死没 (1972-04-16) 1972年4月16日(72歳没)
日本の旗 日本神奈川県逗子市小坪
逗子マリーナ
墓地 日本の旗 日本・鎌倉霊園
職業 小説家文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学士東京帝国大学・1924年)
最終学歴 東京帝国大学国文学科
活動期間 1919年 - 1972年
ジャンル 小説文芸評論
主題 無垢生命への讃仰、抒情魔界
自他一如、万物一如、アニミズム
生との流転、幽玄心霊
日本の伝統、もののあはれ
文学活動 新感覚派、新興芸術派
代表作伊豆の踊子』(1926年)
浅草紅団』(1929-1930年)
抒情歌』(1932年)
禽獣』(1933年)
雪国』(1935年-1948年)
千羽鶴』(1949年-1952年)
山の音』(1949年-1954年)
眠れる美女』(1960年-1961年)
古都』(1961年-1962年)
主な受賞歴 文芸懇話会賞(1937年)
菊池寛賞(1944年・1958年)
日本芸術院賞(1952年)
野間文芸賞(1954年)
ゲーテ・メダル(1959年)
芸術文化勲章(1960年)
文化勲章(1961年)
毎日出版文化賞(1962年)
ノーベル文学賞(1968年)
正三位勲一等旭日大綬章(1972年追贈)
デビュー作 『ちよ』(1919年)
『招魂祭一景』(1921年)
十六歳の日記』(1925年、執筆1914年)
配偶者 秀子
子供 政子(養女)、香男里婿養子
親族 三八郎(祖父)、カネ(祖母)
栄吉(父)、ゲン(母)
芳子(姉)、恒太郎(伯父)
あかり、明成(孫)
黒田秀太郎、秀孝(伯父、従兄)
田中ソノ、岩太郎(伯母、従兄)
秋岡タニ、義愛(叔母、従兄)
Portal.svg ウィキポータル 文学
川端康成」を
Wikipediaで調べる

「川端康成」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)