最新情報を読み込み中...

川村二郎さんは生きてたら今何歳?

川村二郎
さんは

Portal.svg

2021年04月19日現在
ご存命ならば

93
2ヶ月です!

生後

34,050
経過

没後

13
2ヶ月

享年

80
0ヶ月

生年月日

(1928年01月28日)は


曜日

没年月日

(2008年02月07日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

川村 二郎
(かわむら じろう)
誕生 1928年1月28日
愛知県名古屋市
死没 (2008-02-07) 2008年2月7日(80歳没)
職業 ドイツ文学者
翻訳家
文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京大学文学部独文学科卒業
活動期間 1961年 - 2008年
ジャンル 文芸評論
代表作 著作
『銀河と地獄』(1973年)
内田百閒論』(1983年)
『日本廻国記一宮巡歴』(1987年)
『アレゴリーの織物』(1991年)
翻訳
ウェルギリウスの死』(1966年)
『アンドレアス』(1970年)
主な受賞歴 芸術選奨文部大臣賞(1973年)
読売文学賞(1983年)
伊藤整文学賞(1991年)
紫綬褒章(1996年)
日本芸術院賞(2000年)
デビュー作 著作「『死者の書』について 釈迢空論」(1961年)
翻訳パリ
ベンヤミン (1963年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
川村二郎」を
Wikipediaで調べる

「川村二郎」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)