最新情報を読み込み中...

小川国夫さんは生きてたら今何歳?

小川国夫
さんは

Ogawa-Kunio.JPG

2021年04月12日現在
ご存命ならば

93
3ヶ月です!

生後

34,081
経過

没後

13
0ヶ月

享年

80
3ヶ月

生年月日

(1927年12月21日)は


曜日

没年月日

(2008年04月08日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

小川 国夫
(おがわ くにお)
Ogawa-Kunio.JPG
1956年撮影
誕生 1927年12月21日
日本の旗 日本静岡県藤枝市
死没 (2008-04-08) 2008年4月8日(80歳没)
日本の旗 日本静岡県静岡市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京大学文学部国文科中退
活動期間 1953年 - 2008年
ジャンル 小説
文学活動 内向の世代
私小説
キリスト教文学
代表作 『アポロンの島』(1957年)
『試みの岸』(1972年)
『或る聖書』(1973年)
『青銅時代』(1974年)
『逸民』(1986年)
『ハシッシ・ギャング』(1998年)
主な受賞歴 川端康成文学賞(1986年)
伊藤整文学賞(1994年)
読売文学賞(1999年)
日本芸術院賞(2000年)
旭日中綬章(2006年)
デビュー作 『東海のほとり』(1953年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
小川国夫」を
Wikipediaで調べる

「小川国夫」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)