最新情報を読み込み中...

宇野千代さんは生きてたら今何歳?

宇野千代
さんは

Chiyo Uno.jpg

2021年04月12日現在
ご存命ならば

123
4ヶ月です!

生後

45,060
経過

没後

24
10ヶ月

享年

98
6ヶ月

生年月日

(1897年11月28日)は


曜日

没年月日

(1996年06月10日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

宇野 千代
(うの ちよ)
Chiyo Uno.jpg
若き日の宇野千代(1930年代
誕生 1897年11月28日
山口県玖珂郡横山村(現 岩国市川西
死没 (1996-06-10) 1996年6月10日(98歳没)
東京都港区虎ノ門(虎の門病院)
墓地 山口県岩国市教蓮寺
職業 小説家随筆家編集者
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 岩国高等女学校(現・山口県立岩国高等学校)卒業
活動期間 1921年 - 1996年
代表作 『色ざんげ』(1933-35年)
『人形師天狗屋久吉』(1942年)
おはん』(1947-57年)
『或る一人の女の話』(1971年)
生きて行く私』(1983年)
主な受賞歴 野間文芸賞(1957年)
女流文学賞(1970年)
日本芸術院賞(1972年)
勲三等瑞宝章(1974年)
菊池寛賞(1982年)
文化功労者(1990年)
勲二等瑞宝章(1996年,没後)
デビュー作 『脂粉の顔』(1921年)
配偶者 藤村亮一(1911年 - 不明)
藤村忠(1919年 - 1924年
尾崎士郎1926年 - 1930年
北原武夫1939年 - 1964年
パートナー 東郷青児1930年 - 1934年
Portal.svg ウィキポータル 文学
宇野千代」を
Wikipediaで調べる

「宇野千代」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)