最新情報を読み込み中...

大江健三郎さんは今何歳?
存命人物

大江健三郎
さんは

Paris - Salon du livre 2012 - Kenzaburō Ōe - 003.jpg

2021年02月27日現在

86
0ヶ月です!

生後

31,439
経過

生年月日

(1935年01月31日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

大江 健三郎
(おおえ けんざぶろう)
Paris - Salon du livre 2012 - Kenzaburō Ōe - 003.jpg
大江健三郎(2012年、パリにて)
誕生 (1935-01-31) 1935年1月31日(86歳)
日本の旗 日本愛媛県喜多郡大瀬村
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学士(東京大学・1959年
最終学歴 東京大学文学部仏文科卒業
活動期間 1957年 -
ジャンル 小説評論随筆
主題 政治核時代・障害者との共生・故郷の伝承・祈り
代表作飼育』(1958年)
芽むしり仔撃ち』(1958年)
個人的な体験』(1964年)
万延元年のフットボール』(1967年)
洪水はわが魂に及び』(1973年)
同時代ゲーム』(1979年)
新しい人よ眼ざめよ』(1983年)
懐かしい年への手紙』(1987年)
燃えあがる緑の木』(1993年 - 1995年)
取り替え子(チェンジリング)』(2000年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1958年)
新潮社文学賞(1964年)
谷崎潤一郎賞(1967年)
野間文芸賞(1973年)
読売文学賞(1983年)
大佛次郎賞(1983年)
川端康成文学賞(1984年)
伊藤整文学賞(1990年)
ノーベル文学賞(1994年)
朝日賞(1994年)
レジオンドヌール勲章(コマンドゥール)(2002年)
デビュー作 『奇妙な仕事』(1957年)
配偶者 大江ゆかり
子供 大江光長男
親族 伊丹万作(岳父)
伊丹十三(義兄)
池内万作(甥)
Portal.svg ウィキポータル 文学
大江健三郎」を
Wikipediaで調べる

「大江健三郎」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)