最新情報を読み込み中...

大岡昇平さんは生きてたら今何歳?
Warning: getimagesize(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/e/ea/Sh%C5%8Dhei_%C5%8Coka_in_the_Nissay_Theatre.jpg/200px-Sh%C5%8Dhei_%C5%8Coka_in_the_Nissay_Theatre.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden. Please comply with the User-Agent policy: https://meta.wikimedia.org/wiki/User-Agent_policy in /home/users/2/0903/web/how-old/inc/head.inc on line 73

大岡昇平
さんは

2024年05月25日現在
ご存命ならば

115
2ヶ月です!

生後

42,084
経過

没後

35
4ヶ月

享年

79
9ヶ月

生年月日

(1909年03月06日)は


曜日

没年月日

(1988年12月25日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

大岡 昇平
(おおおか しょうへい)
1963年日生劇場ベルリン・ドイツ・オペラの来日公演に来場した大岡昇平
誕生 1909年3月6日
日本の旗 日本東京府東京市牛込区
(現:東京都新宿区
死没 (1988-12-25) 1988年12月25日(79歳没)
日本の旗 日本東京都文京区本郷
墓地 多磨霊園
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 京都帝国大学文学部仏文科卒業
活動期間 1949年 - 1988年
ジャンル 小説
文芸評論
主題 日本史
太平洋戦争
文学活動 第二次戦後派
代表作俘虜記』(1948年)
武蔵野夫人』(1950年)
野火』(1952年)
花影』(1961年)
レイテ戦記』(1971年)
『中原中也』(1974年、評伝)
事件』(1977年)
『小説家 夏目漱石』(1988年、評論)
主な受賞歴 横光利一賞(1949年)
読売文学賞(1952・1989年)
毎日出版文化賞(1961年)
新潮社文学賞(1961年)
毎日芸術賞(1972年)
野間文芸賞(1974年)
朝日文化賞(1976年)
日本推理作家協会賞(1978年)
ウィキポータル 文学
大岡昇平」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)