最新情報を読み込み中...

壺井栄さんは生きてたら今何歳?

壺井栄
さんは

2024年06月22日現在
ご存命ならば

124
10ヶ月です!

生後

45,612
経過

没後

56
11ヶ月

享年

67
10ヶ月

生年月日

(1899年08月05日)は


曜日

没年月日

(1967年06月23日)は


曜日

6月23日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

壺井 栄
(つぼい さかえ)
1955年当時
誕生 岩井 栄
1899年明治32年)8月5日
日本の旗 日本
香川県小豆郡坂手村(現・小豆島町
死没 1967年昭和42年)6月23日(67歳没)
日本の旗 日本
東京都中野区中野
墓地 小平霊園
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 内海高等小学校
ジャンル 児童文学童話
一般向小説
主題 反戦反核
戦災孤児
児童日常家族
孤島
代表作 『暦』(1940年)
『妻の座』(1947年 - 1949年)
柿の木のある家』(1949年)
母のない子と子のない母と』(1951年)
二十四の瞳』(1952年)
主な受賞歴 第4回 新潮文芸賞(暦、1941年受賞)
第1回 児童文学賞(柿の木のある家、1951年受賞)
第2回芸術選奨文部大臣賞(坂道・母のない子と子のない母と、1952年受賞)
第7回女流文学者賞(風、1955年受賞)
内海町(小豆島町)名誉町民(1967年受賞)
デビュー作 プロ文士の妻の日記(1928年、初の活字化作)
崖下の家(1934年、初の執筆小説)
大根の葉(1938年、初の商業向作品)
配偶者 壺井繁治
ウィキポータル 文学
壺井栄」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)