最新情報を読み込み中...

吉行淳之介さんは生きてたら今何歳?

吉行淳之介
さんは

Junnosuke Yoshiyuki.jpg

2021年04月17日現在
ご存命ならば

97
0ヶ月です!

生後

35,433
経過

没後

26
8ヶ月

享年

70
3ヶ月

生年月日

(1924年04月13日)は


曜日

没年月日

(1994年07月26日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

吉行 淳之介
(よしゆき じゅんのすけ)
Junnosuke Yoshiyuki.jpg
誕生 1924年4月13日
日本の旗 日本 岡山県岡山市
死没 (1994-07-26) 1994年7月26日(70歳没)
日本の旗 日本 東京都中央区(聖路加国際病院)
墓地 岡山県岡山市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 1952年 - 1994年
最終学歴 東京大学英文科除籍
ジャンル 小説随筆翻訳
文学活動 第三の新人
代表作驟雨』(1954年)
砂の上の植物群』(1963年)
『不意の出来事』(1965年,短編集)
『暗室』(1969年)
『鞄の中身』(1974年,短編集)
夕暮まで』(1965-78年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1954年)
新潮社文学賞(1965年)
芸術選奨(1967年)
谷崎潤一郎賞(1970年)
読売文学賞(1976年)
野間文芸賞(1978年)
日本芸術院賞(1979年)
講談社エッセイ賞(1986年)
親族 吉行エイスケ(父)
吉行あぐり(母)
吉行和子(長妹)
吉行理恵(次妹)
Portal.svg ウィキポータル 文学
吉行淳之介」を
Wikipediaで調べる

「吉行淳之介」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)