最新情報を読み込み中...

古井由吉さんは生きてたら今何歳?

古井由吉
さんは

日本の旗

2021年05月12日現在
ご存命ならば

83
5ヶ月です!

生後

30,490
経過

没後

1
2ヶ月

享年

82
2ヶ月

生年月日

(1937年11月19日)は


曜日

没年月日

(2020年02月18日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

古井 由吉
(ふるい よしきち)
誕生 (1937-11-19) 1937年11月19日
日本の旗 日本東京都
死没 (2020-02-18) 2020年2月18日(82歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学修士
最終学歴 東京大学大学院ドイツ文学研究科修士課程修了
活動期間 1968年 - 2020年
ジャンル 小説随筆
主題 非社会的な場における男女の恋愛
生と死、過去と現在、男と女の狭間
古典や説話をモチーフとした私小説
文学活動 内向の世代
代表作 『杳子』(1970年)
『栖』(1979年)
『槿』(1983年)
『仮往生伝試文』(1989年)
『白髪の唄』(1996年)
『辻』(2006年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1971年)
日本文学大賞(1980年)
谷崎潤一郎賞(1983年)
川端康成文学賞(1987年)
読売文学賞(1990年)
毎日芸術賞(1997年)
デビュー作 『木曜日に』(1968年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
古井由吉」を
Wikipediaで調べる

「古井由吉」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)