最新情報を読み込み中...

加賀乙彦さんは生きてたら今何歳?

加賀乙彦
さんは

2024年02月21日現在
ご存命ならば

94
10ヶ月です!

生後

34,638
経過

没後

1
1ヶ月

享年

93
8ヶ月

生年月日

(1929年04月22日)は


曜日

没年月日

(2023年01月12日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

加賀 乙彦
(かが おとひこ)
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
誕生 小木 貞孝(こぎ さだたか)
(1929-04-22) 1929年4月22日
日本の旗 東京府東京市
死没 (2023-01-12) 2023年1月12日(93歳没)
職業 小説家
医学者
精神科医
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 医学博士
東京大学1960年
最終学歴 東京大学医学部卒業
活動期間 1967年 -
ジャンル 小説
代表作フランドルの冬』 (1967年)
『帰らざる夏』(1973年)
宣告』(1979年)
『錨のない船』(1982年)
湿原』(1985年)
『永遠の都』(1997年)
主な受賞歴 芸術選奨新人賞(1968年)
谷崎潤一郎賞(1973年)
日本文学大賞(1979年)
大佛次郎賞(1986年)
芸術選奨(1998年)
日本芸術院賞(1999年)
旭日中綬章(2005年)
毎日出版文化賞(2012年)
歴史時代作家クラブ賞(2016年)
デビュー作フランドルの冬』 (1967年)
子供 加賀真帆
親族 野上八十八(祖父
小木孝次(
公式サイト 加賀乙彦オフィシャルブログ
ウィキポータル 文学
加賀乙彦」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)