最新情報を読み込み中...

伊藤整さんは生きてたら今何歳?
Warning: getimagesize(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/3f/Ito_Sei.JPG/200px-Ito_Sei.JPG): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 403 Forbidden. Please comply with the User-Agent policy: https://meta.wikimedia.org/wiki/User-Agent_policy in /home/users/2/0903/web/how-old/inc/head.inc on line 73

伊藤整
さんは

Ito Sei.JPG

2021年12月04日現在
ご存命ならば

116
10ヶ月です!

生後

42,691
経過

没後

52
0ヶ月

享年

64
9ヶ月

生年月日

(1905年01月16日)は


曜日

没年月日

(1969年11月15日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

伊藤 整
(いとう せい)
Ito Sei.JPG
1954年
誕生 伊藤 整(いとう ひとし)
1905年1月16日
日本の旗 日本北海道松前郡炭焼沢村
(現:松前町
死没 (1969-11-15) 1969年11月15日(64歳没)
日本の旗 日本東京都豊島区上池袋
職業 小説家文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京商科大学(現・一橋大学)中退
活動期間 1926年 - 1969年
ジャンル 小説文芸評論翻訳
文学活動 無頼派(新心理主義)
チャタレー事件
代表作 『雪明りの路』(1926年,詩集)
『得能五郎の生活と意見』(1941年)
『小説の方法』(1948年,評論)
『若い詩人の肖像』(1956年)
氾濫』(1958年)
『変容』(1968年)
『日本文壇史』(1953-73年,評論,中絶)
主な受賞歴 菊池寛賞(1963年)
日本芸術院賞(1967年)
勲三等瑞宝章(1969年)
日本文学大賞(1970年)
デビュー作 『雪明りの路』(1926年)
子供 伊藤滋長男
伊藤礼二男
Portal.svg ウィキポータル 文学
伊藤整」を
Wikipediaで調べる

「伊藤整」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)