最新情報を読み込み中...

伊藤左千夫さんは生きてたら今何歳?
Warning: getimagesize(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/75/Ito_Sachio1_cropped.jpg/230px-Ito_Sachio1_cropped.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden. Please comply with the User-Agent policy: https://meta.wikimedia.org/wiki/User-Agent_policy in /home/users/2/0903/web/how-old/inc/head.inc on line 73

伊藤左千夫
さんは

2024年06月20日現在
ご存命ならば

159
9ヶ月です!

生後

58,349
経過

没後

110
10ヶ月

享年

48
10ヶ月

生年月日

(1864年09月18日)は


曜日

没年月日

(1913年07月30日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

伊藤 左千夫
(いとう さちお)
誕生 伊藤 幸次郎
1864年9月18日
日本の旗 日本上総国武射郡殿台村
(現・千葉県山武市
死没 (1913-07-30) 1913年7月30日(48歳没)
日本の旗 日本東京府南葛飾郡大島町大字亀戸
職業 酪農家歌人小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 明治法律学校(現・明治大学)中退
ジャンル 短歌小説
文学活動 アララギ派ロマン主義
代表作野菊の墓』(1906年)
『隣の嫁』(1908年)
『春の潮』(1908年)
『分家』(1911年 - 1912年)
ウィキポータル 文学
伊藤左千夫」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)