最新情報を読み込み中...

井伏鱒二さんは生きてたら今何歳?
Warning: getimagesize(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/b1/Masuji_Ibuse_01.jpg/200px-Masuji_Ibuse_01.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden. Please comply with the User-Agent policy: https://meta.wikimedia.org/wiki/User-Agent_policy in /home/users/2/0903/web/how-old/inc/head.inc on line 73

井伏鱒二
さんは

2024年07月20日現在
ご存命ならば

126
5ヶ月です!

生後

46,176
経過

没後

31
0ヶ月

享年

95
4ヶ月

生年月日

(1898年02月15日)は


曜日

没年月日

(1993年07月10日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

井伏 鱒二
(いぶせ ますじ)
1952年の井伏 鱒二
誕生 井伏 滿壽二(いぶし ますじ)
1898年2月15日
日本の旗 日本広島県安那郡加茂村
(現福山市
死没 (1993-07-10) 1993年7月10日(95歳没)
日本の旗 日本東京都杉並区
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学仏文科中退
活動期間 1923年 - 1993年
ジャンル 小説随筆
文学活動 新興芸術派
代表作山椒魚』(1929年)
『屋根の上のサワン』(1929年)
ジョン万次郎漂流記』(1937年)
『さざなみ軍記』(1938年)
『多甚古村』(1939年)
本日休診』(1950年)
駅前旅館』(1957年)
黒い雨』(1966年)
『荻窪風土記』(1982年)
主な受賞歴 直木三十五賞(1938年)
読売文学賞(1950年・1972年)
日本芸術院賞(1956年)
文化勲章(1966年)
野間文芸賞(1966年)
デビュー作幽閉』(1923年)
親族 郁太(父)
ミヤ(母)
民左衛門(祖父)
文夫(兄)
泉(姉)
圭三(弟)
節代(妻)
ウィキポータル 文学
井伏鱒二」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)