最新情報を読み込み中...

井上ひさしさんは生きてたら今何歳?

井上ひさし
さんは

日本の旗

2019年08月19日現在
ご存命ならば

84
9ヶ月です!

生後

30,956
経過

没後

9
4ヶ月

享年

75
4ヶ月

生年月日

(1934年11月17日)は


曜日

没年月日

(2010年04月09日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

井上いのうえ ひさし
ペンネーム 遅筆堂(ちひつどう)
服部 半蔵
エンリコ・トリゾーニ
誕生 井上 廈(いのうえ ひさし)
(1934-11-17) 1934年11月17日
日本の旗 日本 山形県東置賜郡小松町
死没 (2010-04-09) 2010年4月9日(75歳没)
日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
職業 小説家
劇作家
放送作家
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 上智大学仏語
活動期間 1964年 - 2010年
ジャンル 小説
戯曲
随筆
代表作ひょっこりひょうたん島』(1964年 - 1969年、人形劇)
『手鎖心中』(1972年、小説)
藪原検校』(1973年、戯曲)
吉里吉里人』(1981年、小説)
四千万歩の男』(1986年、小説)
父と暮せば』(1994年、戯曲)
『東京セブンローズ』(1999年、小説)
主な受賞歴 岸田國士戯曲賞(1972年)
芸術選奨新人賞(1972年)
直木三十五賞(1972年)
読売文学賞(戯曲・シナリオ部門)(1980年)
日本SF大賞(1981年)
読売文学賞(小説部門)(1982年)
星雲賞(日本長編部門)(1982年)
谷崎潤一郎賞(1991年)
菊池寛賞(1999年)
朝日賞(2001年)
毎日芸術賞(2003年)
日本芸術院賞恩賜賞(2009年)
配偶者 西舘代志子(1961年 - 1986年)
子供 井上都(元こまつ座主宰)
井上あや(エッセイスト)[要検証]
石川麻矢(こまつ座社長)
親族 井上マス(実母)
米原章三義祖父
米原昶岳父
米原万里義姉
Portal.svg ウィキポータル 文学
井上ひさし」を
Wikipediaで調べる

「井上ひさし」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(お気軽に一言どうぞ / 200字まで)