最新情報を読み込み中...

久保田万太郎さんは生きてたら今何歳?
Warning: getimagesize(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e0/Mantaro_Kubota%2C_March_1953.jpg/200px-Mantaro_Kubota%2C_March_1953.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden. Please comply with the User-Agent policy: https://meta.wikimedia.org/wiki/User-Agent_policy in /home/users/2/0903/web/how-old/inc/head.inc on line 73

久保田万太郎
さんは

2024年06月20日現在
ご存命ならば

134
7ヶ月です!

生後

49,168
経過

没後

61
1ヶ月

享年

73
5ヶ月

生年月日

(1889年11月07日)は


曜日

没年月日

(1963年05月06日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

久保田 万太郎
(くぼた まんたろう)
1953年、木村伊兵衛撮影
ペンネーム 千野 菊次郎
誕生 1889年11月7日
日本の旗 日本東京府東京市浅草区
(現・台東区
死没 (1963-05-06) 1963年5月6日(73歳没)
日本の旗 日本東京都新宿区信濃町
墓地 日本の旗 日本喜福寺
職業 小説家劇作家俳人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 慶應義塾大学部文学科
活動期間 1912年 - 1963年
ジャンル 小説戯曲俳句
文学活動 江戸文化
歌舞伎評論
新派
代表作 『末枯』(1917年)
『大寺学校』(1927年,戯曲)
『道芝』(1927年,句集)
『花冷え』(1938年)
『市井人』(1949年)
『三の酉』(1956年)
主な受賞歴 菊池寛賞(1942年)
読売文学賞(1957年)
NHK放送文化賞(1951年)
文化勲章(1957年)
従三位勲一等瑞宝章(1963年、没時叙位叙勲)
デビュー作 『浅草』(1912年)
ウィキポータル 文学
久保田万太郎」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)