最新情報を読み込み中...

丸谷才一さんは生きてたら今何歳?
Warning: getimagesize(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/ca/Bungei-1966-January-1.jpg/180px-Bungei-1966-January-1.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden. Please comply with the User-Agent policy: https://meta.wikimedia.org/wiki/User-Agent_policy in /home/users/2/0903/web/how-old/inc/head.inc on line 73

丸谷才一
さんは

2024年06月23日現在
ご存命ならば

98
9ヶ月です!

生後

36,095
経過

没後

11
8ヶ月

享年

87
1ヶ月

生年月日

(1925年08月27日)は


曜日

没年月日

(2012年10月13日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

丸谷 才一
(まるや さいいち)
文藝』1966年1月号(河出書房新社)より
誕生 (1925-08-27) 1925年8月27日
日本の旗 日本山形県鶴岡市
死没 (2012-10-13) 2012年10月13日(87歳没)
日本の旗 日本東京都渋谷区
墓地 鎌倉霊園
職業 小説家文芸評論家英文学者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 修士文学
最終学歴 東京大学文学部英文学科卒業
大学院人文科学研究科修士課程修了
活動期間 1960年 - 2012年
ジャンル 小説評論随筆翻訳
代表作笹まくら』(1966年)
『年の残り』(1968年)
『たった一人の反乱』(1972年)
裏声で歌へ君が代』(1982年)
『女ざかり』(1993年)
『輝く日の宮』(2003年)
『持ち重りする薔薇の花』(2011年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1968年)
谷崎潤一郎賞(1972年)
読売文学賞(1974年・2010年)
野間文芸賞(1985年)
川端康成文学賞(1988年)
芸術選奨(1990年)
大佛次郎賞(1999年)
菊池寛賞(2001年)
泉鏡花文学賞(2003年)
朝日賞(2004年)
文化勲章(2011年)
パートナー 根村絢子
子供 根村亮長男
親族 山本甚作(従兄弟)、落合良(甥)
ウィキポータル 文学
丸谷才一」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)