最新情報を読み込み中...

中村稔 (詩人)さんは今何歳?
存命人物

中村稔 (詩人)
さんは

Minoru Nakamura cropped 1 Minoru Nakamura 201011.jpg

2021年04月15日現在

94
2ヶ月です!

生後

34,422
経過

生年月日

(1927年01月17日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

中村 稔
(なかむら みのる)
Minoru Nakamura cropped 1 Minoru Nakamura 201011.jpg
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
誕生 中村 稔(なかむら みのる)
(1927-01-17) 1927年1月17日(94歳)
日本の旗 千葉県君津郡木更津町
職業 弁護士
弁理士
詩人
評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
民族 大和民族
教育 法学士東京大学1950年
最終学歴 東京大学法学部法律学科卒業
活動期間 1946年 -
ジャンル
主題 評論
代表作 『鵜原抄』(1967年
『羽虫の飛ぶ風景』(1977年
『中村稔詩集 1944-1986』
1988年
『束の間の幻影』(1992年
『浮泛漂蕩』(1996年
『私の昭和史』(2004年
主な受賞歴 高村光太郎賞
読売文学賞(詩歌俳句部門)
芸術選奨文部大臣賞
読売文学賞(評論・伝記)
藤村記念歴程賞
朝日賞
毎日芸術賞
現代詩人賞
デビュー作 『無言歌』(1950年
親族 中村光三(
所属 (中松特許法律事務所→)
(中村・山本・武田
合同特許法律事務所→)
中村合同特許法律事務所
公式サイト 中村 稔 | NAKAMURA & PARTNERS
中村稔 (詩人)」を
Wikipediaで調べる

「中村稔 (詩人)」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)