最新情報を読み込み中...

ヴィム・ヴェンダースさんは今何歳?
存命人物

ヴィム・ヴェンダース
さんは

Wim Wenders

2022年01月27日現在

76
5ヶ月です!

生後

27,925
経過

生年月日

(1945年08月14日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

ヴィム・ヴェンダース
Wim Wenders
Wim Wenders
本名 エルンスト・ヴィルヘルム・ヴェンダース
Ernst Wilhelm Wenders
生年月日 (1945-08-14) 1945年8月14日(76歳)
出生地 Merchant flag of Germany (1946–1949).svg ドイツデュッセルドルフ
職業 映画監督脚本家プロデューサー
ジャンル 劇映画ドキュメンタリー
活動期間 1967年 -
配偶者 Edda Köchl (1968年 - 1974年
リサ・クロイツァー (1974年 - 1978年
ロニー・ブレイクリー1979年 - 1981年
Isabelle Weingarten (1981年 - 1982年
ドナータ・ヴェンダース (1993年 - )
公式サイト 公式ウェブサイト
主な作品
さすらい
パリ、テキサス
ベルリン・天使の詩
 
受賞
カンヌ国際映画祭
パルム・ドール
1984年パリ、テキサス
審査員グランプリ
1993年時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!
監督賞
1987年ベルリン・天使の詩
「ある視点」部門 特別賞
2014年『セバスチャン・サルガト/地球へのラブレター』
国際映画批評家連盟賞
1976年さすらい
1984年 『パリ、テキサス』
エキュメニカル審査員賞
1984年 『パリ、テキサス』
ヴェネツィア国際映画祭
金獅子賞
1982年 『ことの次第
国際映画批評家連盟賞
1972年 『ゴールキーパーの不安』
1982年 『ことの次第』
1995年 『愛のめぐりあい』
ユネスコ連盟賞
2004年ランド・オブ・プレンティ
ベルリン国際映画祭
銀熊賞(審査員賞)
2000年ミリオンダラー・ホテル
名誉金熊賞
2015年
ヨーロッパ映画賞
監督賞
1988年 『ベルリン・天使の詩』
ドキュメンタリー賞
1999年 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
2011年 『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち
全米映画批評家協会賞
ドキュメンタリー映画賞
1999年『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』
ニューヨーク映画批評家協会賞
ドキュメンタリー映画賞
1999年『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
外国語映画賞
1988年 『ベルリン・天使の詩』
ドキュメンタリー賞
1999年 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』
放送映画批評家協会賞
ドキュメンタリー賞
1999年『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』
英国アカデミー賞
監督賞
1984年 『パリ、テキサス』
ゴヤ賞
長編ドキュメンタリー賞
2007年『Invisibles』
セザール賞
ドキュメンタリー賞
2014年『セバスチャン・サルガト/地球へのラブレター』
ブルーリボン賞
外国語作品賞
1988年『ベルリン・天使の詩』
その他の賞
備考
第42回カンヌ国際映画祭 審査委員長(1989年)
第65回ヴェネツィア国際映画祭 審査委員長(2008年)
ヴィム・ヴェンダース」を
Wikipediaで調べる

「ヴィム・ヴェンダース」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)