最新情報を読み込み中...

マイク・ニコルズさんは生きてたら今何歳?
Warning: getimagesize(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/b5/Mikenichols.jpg/190px-Mikenichols.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 403 Forbidden. Please comply with the User-Agent policy: https://meta.wikimedia.org/wiki/User-Agent_policy in /home/users/2/0903/web/how-old/inc/head.inc on line 73

マイク・ニコルズ
さんは

Mike Nichols

2022年01月26日現在
ご存命ならば

90
2ヶ月です!

生後

32,954
経過

没後

7
2ヶ月

享年

83
0ヶ月

生年月日

(1931年11月06日)は


曜日

没年月日

(2014年11月19日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

マイク・ニコルズ
Mike Nichols
Mike Nichols
マイク・ニコルズ
本名 Michael Igor Peschkowsky
生年月日 (1931-11-06) 1931年11月6日
没年月日 (2014-11-19) 2014年11月19日(83歳没)
出生地 ドイツの旗 ドイツ国ベルリン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
職業 監督プロデューサー脚本家俳優コメディアン
ジャンル 映画舞台テレビドラマ
活動期間 1955年 - 2014年
配偶者 Patricia Scott(1957年 - 1960年
Margo Callas(1963年 - 1974年
Annabel Davis-Goff(1975年 - 1986年
ダイアン・ソイヤー1988年 - 2014年、死別)
著名な家族 マックス・ニコルズ(息子)
主な作品
バージニア・ウルフなんかこわくない
卒業
シルクウッド
ワーキング・ガール
パーフェクト・カップル
エンジェルス・イン・アメリカ
クローサー
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
 
受賞
アカデミー賞
監督賞
1967年卒業
ニューヨーク映画批評家協会賞
監督賞
1967年『卒業』
AFI賞
作品賞 (テレビ部門)
2004年『エンジェルス・イン・アメリカ』
生涯功労賞
2010年
アメリカ映画ベスト100(第7位)
1998年『卒業』
英国アカデミー賞
作品賞
1966年『バージニア・ウルフなんかこわくない』
1968年『卒業』
監督賞
1968年『卒業』
エミー賞
作品賞(ミニシリーズ部門)
2004年『エンジェルス・イン・アメリカ』
作品賞(テレビ映画部門)
2001年『ウィット / 命の詩』
監督賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門)
2001年『ウィット / 命の詩』
2004年『エンジェルス・イン・アメリカ』
グラミー賞
最優秀コメディ・アルバム賞
1961年『Jonathan and Darlene Edwards in Paris』
ゴールデングローブ賞
監督賞
1967年『卒業』
作品賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)
2004年『エンジェルス・イン・アメリカ』
トニー賞
ミュージカル作品賞
1977年アニー
演劇作品賞
1984年『The Real Thing』
ミュージカル監督賞
2005年スパマロット
演劇監督賞
1964年『裸足で散歩』
1965年『ラブ』『おかしな二人
1968年『プラザ・スイート』
1972年『二番街の囚人』
1984年『The Real Thing』
2012年セールスマンの死
その他の賞
全米監督協会賞
長編映画監督賞
1967年『卒業』
監督賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)
2004年『エンジェルス・イン・アメリカ』
生涯功労賞
2004年
備考
アカデミー賞トニー賞グラミー賞エミー賞4賞受賞者
マイク・ニコルズ」を
Wikipediaで調べる

「マイク・ニコルズ」さんの関連動画

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)