最新情報を読み込み中...

オーソン・ウェルズさんは生きてたら今何歳?

オーソン・ウェルズ
さんは

Orson Welles

2024年07月14日現在
ご存命ならば

109
2ヶ月です!

生後

39,882
経過

没後

38
9ヶ月

享年

70
5ヶ月

生年月日

(1915年05月06日)は


曜日

没年月日

(1985年10月10日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

オーソン・ウェルズ
Orson Welles
Orson Welles
青年時代のオーソン・ウェルズ(1937年撮影)
本名 George Orson Welles
生年月日 (1915-05-06) 1915年5月6日
没年月日 (1985-10-10) 1985年10月10日(70歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ウィスコンシン州ケノーシャ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 映画監督脚本家俳優映画プロデューサー
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1931年 - 1985年
配偶者 ヴァージア・ニコルソン(1934年 - 1940年)
リタ・ヘイワース(1943年 - 1948年)
パオラ・モリス(1955年 - )
主な作品
監督作品
市民ケーン』(1941年、兼出演)
上海から来た女』(1947年、兼出演)
黒い罠』(1958年、兼出演)
オーソン・ウェルズのフェイク』(1973年、兼出演)
出演のみ
第三の男』(1949年)
 
受賞
アカデミー賞
脚本賞
1941年市民ケーン
名誉賞
1970年 映画製作における並外れた芸術性と多様性を称えて
カンヌ国際映画祭
グランプリ
1952年オーソン・ウェルズのオセロ
男優賞
1959年強迫/ロープ殺人事件
20周年記念特別賞
1966年『オーソン・ウェルズのフォルスタッフ』
フランス映画高等技術委員会賞
1966年『オーソン・ウェルズのフォルスタッフ』
国際映画批評家連盟賞
1966年『オーソン・ウェルズのフォルスタッフ』
ヴェネツィア国際映画祭
栄誉金獅子賞
1970年
ロサンゼルス映画批評家協会賞
ドキュメンタリー賞
1993年『オーソン・ウェルズ/イッツ・オール・トゥルー』
生涯功労賞
1978年
AFI賞
生涯功労賞
1975年
アメリカ映画ベスト100(第1位)
1998年市民ケーン
グラミー賞
最優秀スポークン・ワード・アルバム賞
1977年『Great American Document』
1979年市民ケーン
1982年『Donovan's brain』
その他の賞
全米監督協会賞
D・W・グリフィス賞
1983年
オーソン・ウェルズ」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)