最新情報を読み込み中...

なかにし礼さんは生きてたら今何歳?

なかにし礼
さんは

日本の旗

2024年06月14日現在
ご存命ならば

85
9ヶ月です!

生後

31,332
経過

没後

3
5ヶ月

享年

82
3ヶ月

生年月日

(1938年09月02日)は


曜日

没年月日

(2020年12月23日)は


曜日

Wikipediaの現在の記述を元に表示しています。

なかにし 礼
誕生 中西 禮三(なかにし れいぞう)
(1938-09-02) 1938年9月2日
満洲国の旗 満洲国牡丹江省牡丹江市
死没 (2020-12-23) 2020年12月23日(82歳没)
日本の旗 日本東京都
職業 小説家作詞家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 立教大学文学部仏文科卒業
代表作 作詩
『天使の誘惑』
『今日でお別れ』
『北酒場』
『石狩挽歌』
『時には娼婦のように』
小説
『兄弟』
『長崎ぶらぶら節』
『赤い月』
『夜の歌』
オペラ
『天国と地獄』
『ワカヒメ』
『静と義経』
主な受賞歴 日本レコード大賞(3回)
日本作詩大賞(2回)
直木三十五賞(2000年)
配偶者 石田ゆり(中西由利子)
公式サイト なかにし礼公式ホームページ
なかにし礼」を
Wikipediaで調べる

✏️ 一行コメント

(このページに一言どうぞ)